GMO CONOHAでメールを取得する

Home » 基本操作 » GMO CONOHAでメールを取得する

1、申込み

https://www.conoha.jp/mailserver/?btn_id=vps-glonavi_mailserver
上記の「お申込み」ポタンをクリックして
基本情報の入力、電話による認証、カードの登録をおこないます。プランについては1つのメールに付き10G想定で問題ないと思いますので、基本的には最安のプランで結構です。

2、サーバの選択・追加作業

3、サーバを選択します

4、ドメインの追加をおこないます。

5、メールの作成・追加

6、メールの情報を弊社にお送りください。

MXレコード設定値とSPFレコード設定値をコピーして
[email protected]
宛に「件名:メールのMX」としていただき、内容にはサイト名、お名前、上記でコピーしたMXレコード設定値とSPFレコード設定値を記載ください。

7,弊社から設定の完了メールが届いたら利用が可能です。メールソフトの設定についてはメールの情報部分の

SMTPサーバ(送信メールサーバ)、POPサーバ(受信メールサーバ)の値を参考にソフトの設定をしてください。

ヘルプページもご参考ください。
https://support.conoha.jp/v/mailserver/

設定項目

メールアドレス 作成した独自ドメインのメールアドレス
ユーザー名 作成した独自ドメインのメールアドレス
パスワード メールアドレス作成時に設定したパスワード
アカウント名 任意の文字列(端末でアカウント見分けるために利用)
この名前を使用して
メッセージを送信
任意の文字列(メール送受信する際に表示されます)
受信メール サーバ(popサーバ) 管理画面接続先サーバ参照 (pop.******.conoha.io形式)
受信メールサーバのポート 110
※SSL有効時は995
アカウントの種類 POP3
送信(SMTP)メールサーバ 管理画面接続先サーバ参照 (smtp.******.conoha.io形式)
送信メールサーバのポート 587
※SSL有効時は465
暗号化方法 STARTTL
送信サーバーには認証が必要 チェックあり
送信メールに同じユーザー名とパスワードを使用する チェックあり
受信メールにはSSLが必要 チェックあり
このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要
送信メールにはSSLが必要 チェックあり
※SSL有効時、メールソフトによっては共用SSLを用いている性質上、セキュリティ証明書に関するメッセージが表示される場合がございますが動作には問題ありません。